基本的な考え方

当社グループは、社会に貢献できる製品の供給を通して、企業価値を高め、社会から信頼される企業の実現を目指しております。
そのためには、効率的経営管理体制および効果的なシステム体制を構築し、当社グループに適合したコーポレートガバナンス体制を維持することが、上場会社としての責務と考えております。
当社グループに適合したコーポレートガバナンス体制の構築にあたっての重要項目は以下のとおりです。

 

  1.  経営上の意思決定プロセス及び決定内容が、適正・適法であることを常に監視・監督する機関があり且つその実効性が保証されていること。
  2.  経営上の意思決定機関と業務執行機関が明確に区分され、それぞれの責任が明確であること。
  3.  適切な内部統制組織とシステムが構築され、効果的に機能していること。
  4.  企業倫理、コンプライアンスの重要性を全ての役員・従業員が認識し、企業文化として定着すること。
  5.  全てのステークホルダーに対し、適時・適切に企業経営情報を開示すること。

【コーポレートガバナンス・コードの各原則を実施しない理由】

【補充原則1-2-4】 
当社は、議決権行使プラットホームの利用や招集通知の英訳を実施しておりません。海外投資家の比率等を踏まえ引き続き検討してまいります。

【補充原則4-3-2】
当社では、最高経営責任者である代表取締役社長の指名は、株主総会後の取締役会で、各取締役の互選により適任者を決定しておりますが、今後さらに客観性・適時性・透明性のある手続きを検討してまいります。

【補充原則4-3-3】
当社では、最高経営責任者の解任が必要と判断される状況が発生した場合は、取締役会で審議の上決定することとしておりますが、今後さらに客観性・適時性・透明性のある手続きを検討してまいります。

【補充原則4-10-1】
当社は監査役設置会社であり、2名の社外監査役、2名の社外取締役がおり、取締役会にて、指名、報酬等の重要な事項に関し、独立の立場から意見、助言を求めております。今後取締役会の機能の独立性・客観性説明責任を強化するために、機能強化を図ってまいります。

【原則4-11 取締役会・監査役会の実効性確保のための前提条件】
当社の取締役会は、担当分野において専門的知識と豊富な経験を有した者等で構成されております。また、当社の監査役会には、財務・会計に関する適切な知見を有する者を1名以上選任することとしております。現時点では女性並びに外国人の取締役はおりませんが、ジェンダーや国際性の面での多様性確保につきましても検討を重ねてまいります。

【コーポレートガバナンス・コードの各原則に基づく開示】

【原則1-4 いわゆる政策保有株式】
当社は、円滑な事業運営取引関係の維持・強化、営業活動の円滑化などを目的として、限定的に株式を政策的に保有してまいりました。今後新たに保有の必要性がある場合については、保有目的の検討、資本コスト等を勘案し、対応してまいります。
保有する株式については、事業環境の変化などを踏まえ、適宜見直しを行います。
保有する株式の議決権については、投資先の経営方針を尊重したうえで、当社の持続的な成長と中長期的な企業価値の向上に資する提案であるかどうかを総合的に判断して行使いたします。


当社の株式を政策保有株式として保有している会社(政策保有株主)から株式の売却等の意向が示された場合には、取引の縮減を示唆することなどにより、売却等を妨げることはいたしません。
また、営業上の取引のある政策保有株主には該当がなく、取り引き面への影響はございません。
 

【原則1-7 関連当事者間の取引】
当社は、関連当事者間の取引については、取締役会での審議・決議を要することとしております。その決議には、該当する役員を特別利害関係者として、当該決議の定足数から除外した上で行っております。

【原則2-6 企業年金のアセットオーナーとしての機能発揮
当社は、全国印刷製本包装機械企業年金基金に加入し、その運用を委託しております。運用状況につきましては、財務部門の担当役員及び人事総務部の担当者が基金の運営全般の健全性を確認しております。

【原則3-1 情報開示の充実】

  1.  企業理念及び決算説明会資料等を当社ウェブサイトに掲載しております。
    企業理念:https://www.yac.co.jp/ja/company/vision.html
    決算説明会等資料:https://www.yac.co.jp/ja/ir/library/results.html
     
  2.  コーポレートガバナンスの基本的な考え方は、コーポレートガバナンス報告書及び有価証券報告書にて開示しております。 
        
  3.  当社グループ各社の役員報酬は固定報酬部分と業績連動報酬部分により構成されており、固定報酬部分については、会社の規模及び財務内容により、役職毎に取締役会で決定しております。また業績連動報酬部分については、取締役会により一任された任意の報酬委員会にて協議の上決定し、その結果を取締役会に報告しております。また、株価変動のメリットとリスクを株主の皆様と共有し、グループ一体となって株価上昇及び企業価値向上への貢献意欲を高めることを目的として当社及び国内子会社各社の取締役(いずれも社外取締役及び非常勤取締役を除く)に対して「譲渡制限付株式報酬制度」を導入しております。
     
  4. 取締役及び監査役の選解任を行うに当たっての方針については、社内規程等で定めておりませんが、業務執行における善管注意義務 及び忠実義務を適切に果たし、当社の持続的成長と中長期的な企業価値向上に貢献するための資質を備え、当社の経営を適切に遂行する能力を有するものであること等を総合的に判断し決定いたします。
     
  5. 取締役候補者及び社外監査役候補者の選任理由は、株主総会招集通知にて開示しております。 


【補充原則4-1-1】 
当社は、取締役会規定、職務分掌規程、職務権限規程を定め、取締役会で決議すべき事項、各取締役で決済できる事項、各職制に応じて決済できる事項を定めております。これらに基づき、取締役会では経営方針や重要事項を決定し、この方針に基づき、業務執行を担当する取締役や執行役員が業務施行を行っております。

【原則4-9 独立社外取締役の独立性判断基準及び資質】
当社は、会社法及び東京証券取引所が定める基準をもとに、独立社外取締役の選定を行っております。独立社外取締役は、一般株主と利益相反が生じるおそれがなく、高い独立性を有している者を選任しております。

【補充原則4-11-1】
当社の取締役会は、専門知識や経験等が異なる取締役で構成するとともに、効果的かつ効率的に討議ができ、迅速な意思決定が行える適切な員数を維持する方針としております。

【補充原則4-11-2】
当社の取締役・監査役には、それぞれの役割や責務を適切に果たすために十分な時間と労力をその業務にあてていただいております。
また、兼務状況につきましては、株主総会招集通知に掲載しております。

【補充原則4-11-3】
当社の取締役会全体の実効性は、定期的に分析・評価を行い、当社ウェブサイトにて公開しております。

実効性評価:http://www.yac.co.jp/ja/ir/news.html

【補充原則4-14-2】
当社の取締役は、証券代行機関が主催するセミナーなど外部の研修・セミナーを活用し、取締役として必要な知識の習得に努めております。  
また、常勤監査役においては、日本監査役協会による外部研修・講習会などに参加し、監査役として必要な知識の習得及び監査役の役割と責務の理解促進に努めております。
社外取締役及び社外監査役には、その役割を果たせるよう当社の経営戦略・事業内容・財務・組織等全般に関する説明を適宜行っており、情報を十分に共有する場を設けております。

【原則5-1 株主との建設的な対話に関する方針】
当社は、IR担当取締役を選任し、経営戦略本部をIR担当部署としております。機関投資家に対しては、決算説明会の開催に加え、個別のIRも実施しております。株主に対しては、決算説明会資料等を当社Webサイトに日本語・英語にて掲載しており、個人投資家向けの会社説明会も開催しております。
 
株主との対話(面談)の対応は、経営戦略本部が担当しております。また、株主の希望、面談の主な関心事項、株主の持株数等を合理的に判断した上で、必要に応じて、社長やIR担当取締役が面談に対応することとしております。

体制図

コーポレートガバナンス報告書