グループ会社の株式会社ワイエイシイダステックは、1月29日から31日に、

東京ビッグサイトで開催された「nano tech 2020」に出展しました。

NEDOブースにて、「その場で感染リスクを検知可能なウイルスゲートキーパーの開発」

(産業技術総合研究所、コニカミノルタ、ワイエイシイダステック、埼玉大学)として、

ワイエイシイダステックが開発した研究用の測定装置を展示、発表しました。

 

日時:2020年1月29日(水)~1月31日(金) 各日10時00分~17時00分
会場:東京ビッグサイト 西1・2ホール、会議棟
NEDOブース小間番号:アトリウム AT-01
公式ウェブサイト:nano tech 2020 https://www.nanotechexpo.jp/main/

展示発表:「その場で感染リスクを検知可能なウイルスゲートキーパーの開発」
産業技術総合研究所、コニカミノルタ、ワイエイシイダステック、埼玉大学